看護師パートのメリットとデメリット

パートとして働くメリット。 看護師パートで働くことには、メリットもあればデメリットもあります。そのことを踏まえて、看護師パートとして働くかどうか再度検討することが大事になってきます。まず看護師パートとして働くメリットは、自分の都合で良いようにシフトを組むことができるため、身動きが取りやすいことです。また、パート勤務は短時間労働が可能であり、そのことで職場の煩わしい人間関係に振り回されることも少ないため、気楽に働くことができます。看護師の常勤で働けば、長時間労働となりますので、必然的に職場の人間関係は避けて通れないものとなります。

一方、看護師パートとして働くことのデメリットは、福利厚生が常勤の看護師と比べると劣ってしまうことです。パート勤務であれば、有給休暇、育児休暇、退職金といったあらゆる福利厚生面で不利となります。しかし、職場によってはパート勤務でもある一定時間以上勤務することで、福利厚生面が手厚くしている所もありますので、パートでも福利厚生を考えればそういった所の職場を選ぶようにすると良いです。また、給与面でも常勤と比べると弱くなります。常勤であれば昇給や賞与といったものがありますが、パート勤務は原則として昇給や賞与がないのが普通です。職場の中にはパート勤務であっても昇給や賞与がありますが、そうはいっても常勤と比べると少ないです。

お役立ちサイト

Copyright (C)2022パートとして働くメリット。.All rights reserved.